カーブのBevOb,TaperOb

BevOb

  1. Bezierカーブを2つ(CurveとCurve.001)用意する
  2. Curveを選択してEditingパネル([F9])のCurve and SurfaceタブにあるBevObにCurve.001の名前を入力する
  3. Curveに沿ってCurve.001の形が掃引される
※組み合わせによって、形状にふたがされるときがあるが、その場合はCurve and SurfaceタブにあるBack,Frontボタンをオフにするとふたが無くなる。

TaperOb

TaperObはBevObと併用することが前提。

カーブを三つ用意する

  • A.断面となるカーブ

  • B.元になるカーブ

  • C.断面の大きさを変化させるカーブ

そして、

  1. Bのカーブを選択し、Editingパネル[F9]のCurve And Surfaceタブにある、BevObにAのオブジェクト名を、TaperOb欄にCのオブジェクト名をそれぞれ入力。

  2. Bのカーブに沿ってAを引き伸ばしたようなオブジェクトが出来る。

  3. CのカーブはAの断面の大きさを変えるIpoのような役割を果しているので、Cのカーブをいじくって遊ぶ。
TaperObのサンプルファイル(TaperSample.zip)

このFAQはJBDPのFAQを元に作成しました。
ċ
TaperSample.zip
(79k)
Nanmo Nanmo,
2009/10/05 7:41
Comments