Python(パイソン)とはなんですか?

PythonとはBlenderの機能を拡張したり、自動処理するのに使うスクリプト言語です。

Blender以外にもPythonスクリプトを組み込んだ3DCGソフトやPythonで作成されたアプリケーションなどがあります。

詳しい説明は日本Pythonユーザ会のPythonの紹介ページにあります。


BlenderはあらかじめいくつかのPythonスクリプトを含んでいます。

実行するときはScripts Windowを開き、Scriptsメニューから実行してください。

また、Import,Exportのカテゴリに属するPythonスクリプトはFileメニューから実行することも出来ます。



スクリプトの作成・実行

BlenderはPythonスクリプトを自分で作成、実行することも出来ます、また世界中でいろいろな機能を持ったPythonスクリプトが開発されています。

以下に自分で見つけた、作成したPythonスクリプトを実行する際の手順を示します。

取りあえず実行したい
Text Editorで開いて実行(Run Python Script [Alt]-[P])しましょう。
Scripts WindowのScriptsメニュー一覧から実行したい

Blenderの仕様に沿って作られていれば、.blenderscriptsに置くだけでメニューに追加されます。

起動中にメニューを更新するにはScriptメニューの"Update Menus"を選択してください。


実行できないスクリプトがある

BlenderにはPythonのサブセットが組み込まれていますが、Pythonの標準ライブラリ全てを含んではいませんので、Pythonフルセット版を導入してみましょう。

Pythonフルセット版は日本Pythonユーザ会Python Official Websiteで手に入れることが出来ます。

OSや環境によってはすでに導入されている場合もあります。

※Windows環境ではPythonフルセットを同梱したBlender Portableというものもあります

またBlenderとPython、それぞれのバージョンに注意してください

起動時に"Checking for installed Python... got it!"とプロンプトに表示されればフルセット版が認識されています。

よく使われる(と思われる)があらかじめ導入されていないスクリプト


ここに上げた以外にもBlender WikiのScript Catalogで様々なスクリプトが紹介されています。



Pythonを作成・学習する際に役立つサイト


このFAQはJBDPのFAQを元に作成しました。
Comments