Mirror Vertex Locations & Weight Scriptの解説

各パラメータの詳細

  • EditMesh Only
    • チェックすると、アクティブなオブジェクト(EditモードのMesh?)のみに作用、外すと選択された全てのオブジェクトに作用。
  • Edge User
    • チェックすると、頂点に何本の線(Edge)が属しているか(Users?)までチェックして左右対称か判断する。
  • Left > Right,Right > Left
    • それぞれ左から右、右から左へと処理する。X軸に対してマイナス方向が左が、プラス方向が右
    • 両方をチェックする(あるいはチェックを外すと)と
      • Mirror Locations[左右ペアになった頂点のX座標を中間位置で揃える]
      • Mirror Weight[左右ペアになった頂点のウェイト値を平均化して揃える]
  • Mirror Location
    • 左右ペアになる頂点の座標をX軸に対して対称にする。
    • MaxDistにより、左右ペアにする際の点のずれを設定できる。
  • XMidSnapVerts
    • チェックすると、中心からXZero limitで指定された距離までにある頂点をX=0の位置(中心)に移動させる。
  • Max Dist
    • Mirror Locationに影響、左右でのずれがMaxDist以内なら左右対称としてペアにする。
  • XZero limit
    • XMidSnapVertsに影響
  • Mirror Weight
    • 左右ペアになる頂点のウェイト値をL->RあるいはR->Lにコピーする
    • EdgeUserは考慮されるが、MaxDistは考慮されない(総当たり方式で最も近い点を割り出す)。
  • Flip Groups
    • 左右ペアで頂点グループ名を反転(L->R,R->L)させる。
    • Mirror Weight時に処理される
  • New Flip Groups
    • Flip Groupsでグループ名を反転させる際に、反転したグループが存在しなかった場合に新しくグループを作成する
    • Mirror Weight時に処理される
  • Sel Verts Only
    • 選択した頂点にのみ作用する
    • チェックを外すとオブジェクト全体に作用する
  • 処理される順番
    • EditMesh Only -> Edge User前処理 -> XMidSnapVerts -> Mirror Location(MaxDist) -> Mirror Weight(Flip Groups)
  • メモ
    • 座標はローカル座標が使われる

このFAQはJBDPのFAQを元に作成しました。

Comments